やさしく接してあげる

やさしく

セックスをしたい時にするには恋人がいると叶えやすいですね。もし、ちょうど今彼女がいるということでしたら、さっそく彼女をエッチな女性にしちゃいましょう。それには、多少はテクニックが必要です。雑誌から情報を得たり、彼女の感じる場所を探っていきましょう。
彼女があなたとのエッチが好きになれば、あなたがしたい時に応じてくれるようになると思います。エッチな気分になりやすいツボも抑えておくといいですね。ボディタッチをしながら耳元でささやいたり、上手に甘えてあげたりして彼女の身体にエッチなスイッチをいっぱい作っちゃいましょう。
言葉攻めで感じる子もいれば、愛撫が好きな子もいます。ただし、女の子には精神的に不安定になる時があるのでその時はどんなにエッチしたくてもがまんしてあげてください。やさしく接してあげると女の子も安心して、エッチな気分になったときに積極的に求めてくると思います。女の子によっては、女の子の日でもムラムラしちゃうという子もいるみたいなので、その時はイチャイチャして過ごすのもいいかもしれませんね。

どこで発散するのか

発散

釣った魚には餌をやらないという人もいるようですね。
結婚をしたとたん、これまでの態度と違ってしまう夫や妻というものは確かに存在します。そして、やがてしだいに欲求不満に悩まされていくのです。
どこで発散するのかというと、家庭内では解消は無理ですから外に向かってしまうでしょうね。
結果的に浮気ということになると思いますが、もちろんバレないようにします。
しかしもともと、お互いに興味が無くなっているのですから相手の変化には気づかなくなっているかもしれませんね。それでも慎重に行動するにこしたことはありません。
もし、人妻とセフレになりたいということでしたら、冷え切った家庭を選ぶといいのではないかなと思います。誰も傷つけたくないというのは都合のいい話かもしれませんが、少しでも愛の残っている家庭であればそっとしておく方がいいと思います。
それでもお互いの気持ちが確かにあるのならば、茨の道かもしれませんが足を踏み入れてみるのもいいかもしれませんね。人生は一度きりですし、どのみち後悔する時がくるのなら、やらないよりはやっておいたほうがいいと思います。あまり難しく考えすぎるのもよくないかもしれませんね。楽しくいきましょう。

普通にしているだけ

普通

生まれながらにしてモテる運命にある男っているんですよね。自分の友達にもいます。いつも周りに女の子がいて、一度何人もの女の子と付き合ってるのに、誰も文句言わないんですよね。確かに彼は性格もいいですけど、それでもうまくやりすぎでしょう。
よっぽどエッチがうまいのか、女性に対する気配りが完璧なのかわかりませんが本人はいたって普通にしているだけだって言うんですよね。
あぶれた子が自分に流れてこないかなって思ったりもするんですけど、今のところそんな奇跡は起きそうもありません。それにしても、本当に彼の周りにはかわいい子ばかり集まるんですよ。見てるだけなんて、毎日が生殺し状態です。
どうやったらモテるようになるのでしょうか。顔は今更変えようがありませんから、なんとか別のテクニックをこのモテ男から盗みたいと思っています。だめもとで、彼目当ての女の子にも話しかけてみようかな。宝くじだって買わないことには当たらないんだし、女の子に話かけるチャンスがあるなら使わなきゃもったいないですよね。

立場や状況を思いやって対応する

対応

セックスは大好きだし、気持ちよく楽しい時間を過ごしたいけれど、恋愛関係は重すぎるし、お互いを縛り合うのは苦痛……。
そんな時、恋人と違って、あくまで身体の関係のみを楽しみ、会っている時以外の日常にお互い踏み込まないセフレという関係はとても気楽です。
特にセックスが大好きな男性にとっては、まさに理想の関係といえるかもしれません。
そんなセフレが欲しい人はやはり、出会い系サイトで探すのが最も見つけやすいでしょう。実際、出会い系サイトにはセフレ探し目的で登録している人が多数います。
しかし、登録したからといって誰でも簡単にセフレが見つかるというわけではありません。
本当にセフレを見つけたいなら、理解しておくべきこと、守るべきマナーというものがあります。
それはまず、相手の女性の立場や状況を思いやって対応することです。
そもそもセフレを探している女性というのは、大抵、すでに夫や彼氏などがいる場合がほとんどです。
その夫や彼氏から満足に満たされないものがあるからそれを他の男、つまりセフレに求めるわけです。
しかし、満たされていないからといって、今いるパートナーと別れるつもりがあるわけではありません。むしろその関係を維持しておきたいからこそ「彼氏」ではなく「セフレ」募集なのです。
ですから、まずはそうした女性側を心理や立場を理解してあげること、配慮してあげることが大切です。
それができなければ、相手の女性側は「この人と関わったら、どんどん自分の生活に踏み込んできて、彼氏(夫)との関係もめちゃくちゃにされそう」と思うでしょう。
パートナーのいる自分がセフレ探しという後ろめたい行為をしていることも理解しているからこそ、そうした不安要素には特に神経を尖らせるのです。
ですからまずは、彼女にそんな心配を抱く必要はないこと、きちんと細かい点まで彼女の都合や状況に配慮してあげる姿勢を見せることで、安心感を持ってもらうことが大切です。
「この人なら絶対秘密を守ってくれるし、安心して付き合えそう」
そう思ってもらえれば、それだけセフレとして認められやすいのは言うまでもありませんね。

言い逃れもできません

言い逃れ

出会い系サイトで知り合った相手とのコミュニケーションは、文字のやりとりが基本です。
実際に会って話す約束をとりつけるまでは、相手のことを理解したり、自分のことを理解してもらうには、サイト上のプロフィールを見てもらうか、メールの文章で伝えるしかないわけです。
(写真を送る、という手段もありますが、それは例外としましょう。)
女性の側も、メールのやりとりはいいけど、実際に会うなら「その気」になれる人じゃないと、というのはありますから、まずはいかにしてメールで親しくなり、相手の「その気」を引き出せるかどうかが鍵となります。
ですから、文章が得意な人ならともかく、苦手な人にとっては面倒だったり、ハードルが高く感じられるのではないでしょうか。
また、文章によるコミュニケーションの難しい点は、直接その場での会話であれば、迂闊なことを言ってしまったとしても後に残りにくいですが、メールは相手が消さない限りずっと過去のやりとりの内容が残ります。
ですから、「あの時ああ言ったじゃない!」と言われたときに、普通の会話ならしらばっくれられても、メールでは発言の証拠が残っていますから、言い逃れもできません。
ですからそれだけ、メールに書く内容は慎重に考えて書かなければなりません。
それを踏まえて、出会い系サイトでセフレ候補の相手と会話をするときに、メールに書いてはいけないNGワードがあります。
何だと思いますか?
それは「好き」「愛してる」という類の言葉です。
セフレの場合は、恋愛で繋がる相手ではありません。
恋愛という枷に縛られず、気軽にセックスを楽しめる関係がセフレなのです。
ですから、こうした愛情表現の言葉は、恋愛対象である恋人に対してならいくらでも言ってかまわないのですが、セフレに対して言うことは、お互いの「セフレ」としての距離感をおかしくしてしまいます。
たとえあなたが本当はその気ではなく、リップサービスとして言ったのだとしても、その言葉は履歴としてずっと残りますから、相手はそれを本気で受け止めてしまいます。
そうなると、「面倒くさい……」と相手から逃げられるか、逆に相手の方も本気になってしまい、気軽な「セフレ」の関係のままではいられなくなります。
セフレはあくまでセフレであり、その関係は「割り切って」はじめて成り立ちます。そこに愛情表現といったものが入ってくると、二人の関係はあきらかにおかしくなると考えたほうがいいでしょう。

Copyright(c) 2014 Hしたい方にオススメのセックス掲示板 All Rights Reserved.